next

 

2022年12月1-5日に《京都イマジナリー・ワルツ》を再演します。
KYOTO EXPERIMENT2021で制作・上演した作品です。


最新情報は、YPAM Webサイト

KIW ST banner-100.jpeg


《京都イマジナリー・ワルツ》公演詳細

日時

12.1(木) 19:30 - 20:30
12.2(金) 19:30 - 20:30
12.3(土) 15:00 - 16:00
12.3(土) 18:30 - 19:30  ★
12.4(日) 15:00 - 16:00
12.4(日) 18:30 - 19:30  ★
12.5(月) 15:00 - 16:00
★=ポスト・パフォーマンス・トーク
ゲスト 3日=大崎清夏さん(詩人) 4日=萩原雄太さん(演出家)

言語
日本語、英語字幕

場所
STスポット(https://ypam.jp/venues/17)


チケット

プロフェッショナル  ¥3,000

オーディエンス    ¥3,000

18歳以下        ¥2,000

チケットのご購入はこちらから 
※販売中

概要
松本奈々子と西本健吾によるパフォーマンス・ユニット「チーム・チープロ」が、KYOTO EXPERIMENT2021 AUTUMNで制作・発表したダンス作品を、横浜で再演する。本作は、2020年の緊急事態宣言発令後に松本が始めた、想像上のものや人、風景と踊ることを試みる「イマジナリー・ワルツ」 プロジェクトを、京都バージョンとして展開したものである。日本で明治以降に踊られるようになったワルツは、男女が身体を接触させて踊ることから、その道徳的な問題が繰り返し指摘されてきた過去がある。これを出発点に、上演テクストの朗読とワルツステップを踊る身体を通じて、京都の街、女性の身体への眼差し、踊りを生み出す「重さ」に批評的に迫る。上演テクストは松本の個人史、京都で行ったリサーチやインタビューを交えて構成される。テクストと身体の関係性にも注目してほしい。


クレジット

出演:松本奈々子
振付・構成:松本奈々子、西本健吾 / チーム・チープロ
映像デザイン・宣伝美術:安倍大智
舞台監督:小林勇陽
照明:渡辺佳奈
音響:林実菜
制作:関あゆみ
リサーチアシスタント:芝田江梨
ファクトチェック:永井良和(関西大学 社会学部教授)
字幕翻訳:河合京花
製作:チーム・チープロ
共同製作:KYOTO EXPERIMENT

主催:チーム・チープロ
提携:STスポット横浜

文化庁「ARTS for the future! 2」補助対象事業
 

その他
💡本作は京都での「イマジナリー・ワルツ」のリサーチをもとに京都で制作・上演されました。公演をよりお楽しみいただくために、京都にまつわる用語集を作成しましたので、ご関心のあるかたはぜひご覧ください。
💡 リサーチメモも公開しています。

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため「横浜市文化施設における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン(令和3年11月30日改訂版)」に沿って、感染防止対策チェックリストを公表します。