about

 

team chiipro

パフォーマンス・ユニット。2013年結成。身体や身振りの批評性をテーマに活動してきた。作品ごとにチームをつくり、制作を行う。
近年は、個人の記憶と集団の記憶を、「身体」を媒介に記録し再構成することに関心を寄せている。
主な作品に、《20世紀プロジェクト》(2017-2018)、《皇居ランニングマン》(2019-2021)、《京都イマジナリー・ワルツ》(2021)

 

member

松本奈々子(共同主宰)

大阪で生まれ、3歳から20歳までクラシックバレエを踊る。2011年に東京に引越し、そこで暮らすうちに、バレエをやめた身体を使ってパフォーマーとして創作活動に参加するようになる。2018年より、西本健吾との二人体制でリサーチベースのダンス作品の振付・構成もおこなう。既存のステップや身振りを介して、場所の歴史やパフォーマーの記憶・身体感覚に触れ、それらをダンス作品として編み直すことをこころみている。🐕
 

西本ケンゴ(共同主宰)

神奈川県生まれ。東日本大震災後の政治状況に困惑するなかで舞台芸術に出会う。チーム・チープロでは主に構成と演出を担当してきた。

 

 
チープロロゴ